EWRF e708TM3 Pro 5.8G 48CH 500mW Power Adjustable Video Transmitter [08-357]

【主な特徴】
調整可能な4つのモード:25mW / 200mW / 500mW / OFF
Betaflight / Cleanflight OSD設定パラメータ
他の人に干渉することなくパワーアップとチャネル切り替えをクリーンアップ
より小さい電流(12V電源:220mA / 500mW)

【仕様】
モデル:EWRF e708TM3 Pro
周波数:5.8G 48CH
送信パワー:25mW / 100mW / 200mW / OFF(ピットモード)
電源:DC7-26V(6S)
供給電流(12V):90mA(25mW)/ 130mA(200mW)/ 220mA(500mW)
重量:4.4g
標準サイズ:29.9 x 21.7 x 4.85mm

【主な構成】工場出荷時のデフォルト設定
表示モード:電源をオンにすると、チャンネルと電源がオンになります(電源を入れた後、LEDが点灯:チャンネル周波数、チャンネルグループ、電源)。ディスプレイが点灯している場合は、通常の操作を意味します(赤色のライトはPitModeを開き、赤色のライトと青色のライトはPitModeをオフにすることを意味します)。

【設定】
電源を入れた後、ボタンを押し続けると、チャンネル番号、チャンネルグループ、電源が(設定モード)に入ります。
長押し(赤色光)、短押し(青色光)、二重押してピットモード(青色光)に切り替えます。
赤いランプが点滅し、調整可能なチャンネル周波数(1,2,3,4,5,6,7,8)になるまでボタンを押し続けます。
この時点でボタンを短く押すと、チャンネル周波数を切り替えることができます。青色のライトが点滅してチャネル周波数1を示し、青色のライトが数回点滅して対応するチャネル周波数を表します。
赤いライトが2回点滅するまでボタンを押し続け、調節可能なチャンネルグループ(A、B、C、D、E、F)を押し続けます。
この時点でボタンを短く押して、チャンネルグループを切り替えます。チャネルグループAの青色のライトが点滅します。青色のライトの数が増分で点滅し、その後、(B、C、D、E、F)で表されます。
赤色のランプが3回点滅するまでボタンを押し続け、電源を調整することができます。短く、電源を切り替えるためにボタンを押して、青色の光が25mwを点滅、2つのフラッシュ200mw、3つのフラッシュ500mw。
ボタンの終了パラメータの設定を押し続け、赤色の青色の点灯を続けます。
ボタンを2回すばやく押してください。赤いライトが常にオンの場合、青色のライトが消灯すると、RFがオフになっています。赤色のライトが点灯しているときはすぐに2回、青色のライトが点灯しているときはRFがオンになっています。

【カスタム電源設定】
電源ボタンを押して、拡張モードに切り替えます。青色のライトが消灯し、4速ギヤセット(カスタムパワー)、4速設定、5速設定が追加されます。 2つの新しい設定はカスタムパワーファイルの値で、100個の値(4番目のギアは10桁、5番目のギアは1桁を表します)です。これらの100の値は、600mw〜25mwの百分率を表す。
【OSD設定】
電源、バンド、チャンネル、ピットモードのBetaflight / Cleanflight OSD設定については、「EWRF 5.8G AV TX OSD設定」を参照してください。

周波数(MHz)


注意:※ 当商品は国外でご使用されるお客様向けに販売致しております。

注意:
TXアンテナをオンにする前に、アンテナが取り付けられていない状態で電源をオンにするか、不適切なアンテナを使用してVTXを簡単に焼損させる可能性があります。 アンテナはVTXの熱を減らすのに役立ちます。そのため、不適切なアンテナを使用するとVTXが容易に焼損することがあります。
カスタマイズされた作業(デフォルトのRP-SMA / SMAコネクタを取り外し、VTX上に薄いアンテナをはんだ付けするなど)は、VTX上で過熱を起こしてICを焼損させる可能性があります。

注意:
オーバーヒートで電源を落としてしまうような最悪の場合でも、ドローンにモジュールを取り付ける際には、十分な空調スペースがあることを確認してください。
電源を入れる前にアンテナを取り付けて、長寿命にしてください。
出力DC 5Vの最大電流は500mAです。

この商品を買った人はこんな商品も買っています