iFlight Force32 45A V2 BLHeli_32 ESC OPTO (2-6s) DSHOT1200 Compatible (1個) [IF-E005227-1個]

iPeaka Force32 45A V2 BLHeli_32 ESC OPTO (3-6s) DSHOT1200 Compatible
※こちらの商品は1個ずつの販売です。

【説明】
iFlight iPeaka Force 32bit 45A V2 BLHeli_32 ESCは、ほとんどのパイロットのニーズとFPVレーシングドローンの性能要件に基づいて開発された最新のESCです。
iFlight Force32ファームウェアを使用すると、応答速度、互換性、関連性、使いやすさなどの面で、以前のESCよりも優れたパフォーマンスを発揮します。
複数のICドライブ、アルミニウム合金片とセラミックコンデンサによる高品質のインポートされたMOSチューブ、デュアルMOSチューブ出力が採用され、両ラインに沿って大幅に熱を削減します。
高電流耐量により、システム効率が向上します。
PWMスロットル信号ケーブルは、銅線内部で発生する干渉を効果的に低減し、安定した信号、安定した飛行、安定した速度を達成することができるツイストペアです。

32ビットESCでのBLHeli_32Firmwareの利点

32bitプロセッサは8bitよりも高速に動作し、新しい32bit ESCの性能を向上させることができます。 Dshot1200やさらに高速なプロトコルのように、レイテンシが短く、更新レートが速い入力信号を高速化することも可能です! (DShotについて読む)
また、32ビットプラットフォームでは、8ビットESCでは不可能だったより多くの機能や機能を使用できます。
最大48KHzのプログラマブルPWM周波数
- より高い効率と信頼性のための自動タイミング
- 電圧/電流制限
- 調整可能な「停止時ブレーキ」力
- 双方向モードで方向変更を改善する
- ESCテレメトリ
- D_Shotコマンドを使用したFCからの設定

- これらの機能は現時点では開発者(sskaug)のアイデアだけであり、すべて実装されているわけではありません。とにかく、開発が進むにつれて新しい可能性についてもっと知るべきです。
すぐにBLHeli_32 ESCの範囲が出てくるでしょう。
ESCはデフォルトのBLHeliファームウェアです。
Betaflightファームウェアでフライトコントロールを使用する場合は、FCをBLHeli 32 BLHeliSuiteに接続して、ESC 4を除外することができます。 BLHeliSuiteをダウンロードしてフラッシュするには、www.blheli32.comをご覧ください。

【V1と比較した機能】
*テレメトリ機能
*より小型で明るいLEDライト
*両面はんだ付け可能

【仕様】
* BB21MCU, 48Mhz Runs BLHELI_IFLIGHT FORCE_XX firmware
* Constant: 45Amps
* Burst: 52Amps
* Supports 2-6S lipo input
* Dimension: 32.6*17*7.2Amm
* Weight: 3.9g

【セット内容】
1x iPeaka 45A 32bit V2 BLHeli_32 ESC
1x ケーブルセット

この商品を買った人はこんな商品も買っています

    カテゴリーから探す

    コンテンツ