iFlight the Force Mini 5.8G 48CH 0/25/100/200mW Switchable FPV Transmitter [IF-V004956]

iFlight the Force Mini 5.8G 48CH 25/100/200mW Switchable FPV Transmitter

OSDの周波数とパワーチューニングをサポート
プロトコル:IRC Tramp

【特徴】
Support OSD Frequnecy and Power tuning;
The output power is stable ,the far transmission distance: ≥0.5km@25mW, ≥0.8km@100mW, ≥1km@200mW
Transmit power 4 gear switch: 0mw/25mW/100mW/200mW;
Output 48 frequency points, and has E group 8 race frequency at the same time using each other without interference;
Frequency lock fast, boot does not interfere with companions;
Built-in output power self-check function;
Full format video format: NTSC /PAL;
Wide input voltage range. low power consumption; 7V〜24V, +12V/170mA@200mW;
Small volume: 27mm×27mm×4.5mm;mounting holes 20mm×20mm(4-M2) correspond exactly mini CC3D NAZE32 F3 F4 Flying control
Light weight: ≤3.5g(including antenna)

【説明】
入力電圧:7-24V DC
チャンネル:48
送電:0mW / 25mW / 100mW / 200mW
サイズ(mm):27 x 27 x 4.5
マウントホールサイズ:20 x 20ミリメートル
重量:3.5g(アンテナ含む)
コネクタタイプ:IPEXコネクタ

OSD Frequency and Power tuning:
Power the Force VTX by 7-24V, Connect the RX port on VTX to FC. Let's take iFlight REVO Bee F4 as example, RX port on VTX connect to RX port on FC, Video IN on VTX connect to Video Out on FC. Bind Radio control to receiver, receiver connect to FC finish setting and control via radio control, and open Betaflight, choose UART6 in Port configuration on Betaflight, IRC Tramp on Peripherals position, click save.

And now, connction and dedug on Betaflight is finished. Now you can dedug via radio control, pull the throttle to middle, Yaw to far left, Pitch to top, and now there will be debug interface popup, Pitch up/down as choose, Yaw left right as confirm and quit, you can set PID, OSD, Frequency and channel, VTX power, after finishing setting you can quit and fly.

【セット内容】
1x the Force Mini FPV トランスミッター
1x 1.25T 5Pin 接続ケーブル
1x IPEX-SMA ピッグテール ケーブル
1x IPEX トランスミッティングアンテナ
1x Instruction

注意:※ 当商品は国外でご使用されるお客様向けに販売致しております。

注意:
TXアンテナをオンにする前に、アンテナが取り付けられていない状態で電源をオンにするか、不適切なアンテナを使用してVTXを簡単に焼損させる可能性があります。 アンテナはVTXの熱を減らすのに役立ちます。そのため、不適切なアンテナを使用するとVTXが容易に焼損することがあります。
カスタマイズされた作業(デフォルトのRP-SMA / SMAコネクタを取り外し、VTX上に薄いアンテナをはんだ付けするなど)は、VTX上で過熱を起こしてICを焼損させる可能性があります。

カテゴリーから探す

コンテンツ